診療案内

眼科一般疾患

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、近視、遠視、乱視などの屈折異常、結膜炎、眼精疲労、ドライアイ、飛蚊症、花粉症など、幅広く診療を行っております。

日帰り白内障手術

白内障は、水晶体が濁ってしまう病気で、進行するとかすんで見える、まぶしく感じる、二重に見える、一時的に近くが見えやすくなる等の症状がでます。手術は最新の設備で点眼麻酔による日帰り白内障手術を行います。当クリニックでは2.4〜2.8ミリという小さな切開創で、眼に負担のない手術を行っています。お気軽にお問い合わせください。

緑内障治療

最近行われた大規模な疫学調査により、40歳以上の20人に1人が緑内障を有していることがわかりました。緑内障は、視神経が障害されて視野が狭くなる病気です。初期の緑内障は見えにくいなどの自覚症状がないため、かなり進行しないと気づかないことがほとんどです。そのため緑内障の患者さまのうち、約8割が治療を受けていないと言われています。緑内障は日本人の中途失明の原因の第一位の疾患です。進行した視野障害は元に戻りません。そのため早期に発見し治療することが大切です。40歳を過ぎたら一度眼科検診を受けられることをお勧めします。お気軽にご相談ください。

糖尿病網膜症などの光凝固

糖尿病は日本に600万人いると言われ、年々増加しています。その合併症である糖尿病網膜症は糖尿病患者の30〜50%であると推定されています。糖尿病網膜症は見えるから大丈夫と思っていても進行します。そのため見えにくくなってから眼科に行って手遅れだったということもよくあります。糖尿病と診断されたら早めに眼科受診し眼底検査を受けてください。ある程度進行すれば網膜光凝固などの外科治療が必要になります。

網膜硝子体疾患

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、加齢性黄斑変性など、網膜硝子体疾患の診断、治療を行います。加齢性黄斑変性や網膜剥離など、病院での加療が必要な場合は網膜硝子体専門医への紹介を行っています。

各種コンタクトレンズ

ジョンソン・エンドジョンソン(アキュビュー)、ボシュロム(メダリスト)、クーパービジョン、メニコンなどの各種主要コンタクトレンズを取り揃えております。

メガネ相談

メガネを作りたい時、メガネが合わなくなった時、必要に応じたメガネ処方をいたします。お気軽にご相談ください。