検査機器紹介

電子カルテシステム

最新の電子カルテシステムを採用しております。パソコンに取り込んだ画像を用いてわかりやすく病状の説明をいたします。

レフケラ・トポ・ノンコン

屈折の状態、角膜の形状、眼圧を測定する最新機器です。瞳孔の自動追尾により検査時間が従来機よりも短くなっています。また従来よりも少ない空気圧で眼圧検査ができ、眼圧検査が苦手という方にもやさしく検査が行えます。

角膜内皮スペキュラー

角膜内皮細胞を検査し、眼科手術の適応をみます。また、コンタクトレンズを長期に使用されている患者様の定期健診にも使用します。

ハンフリー自動視野計

緑内障の検査機器です。国内で最も使用されている自動視野計です。緑内障解析プログラムとの連携により、進行度の判定を行います。

白内障手術装置

最新の白内障超音波乳化吸引装置を採用しております。高い安全性と角膜内皮への負担軽減を達成し、小切開で負担の少ない日帰り手術が可能となります。

OCT(光干渉断層計)

眼底の疾患を検査する機器です。網膜の断層像が、10ミクロン以下の高解像度で描出できるため、正確な眼底の黄斑部の病態把握が可能です。黄斑疾患の早期発見、経過観察を行うことができます。

レーザー

糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜分枝閉塞症などの眼底の病気に対する治療装置です。最新式マルチカラーレーザーを導入しています。